177b043e3210f959226f5df629dd411b

最近、枝毛を発見してお困りの女性の方が多いです。枝毛が増えてくると見た目も良くありません。

髪の毛は内側から毛髄質(メデュラ)・毛皮質(コルテックス)・毛表皮(キューティクル)の
3つの層で構成されています。

枝毛が出来るのは、外側のキュウーティクルが剥がれて、髪の内部の水分が乾燥して、髪の
繊維が裂ける状態をいいます。





パーマ・カラーリング

4d86d8cfb48efb14c299c51b9af15a82_s


枝毛が多いのは、髪の毛がダメージを受けている証拠です。パーマやカラーリングに使用する
化学薬品などで、髪に大きなダメージを与えキューティクルを傷つけてしまい、枝毛や切れ毛の
原因となります。
パーマやカラーリングは、たまにする場合であれば問題はないですが、短期間に回数を行うと、
髪のキューティクルが傷ついてしまいますす。

 

シャンプー

シャンプーはアミノ酸系のシャンプーがベストです。髪の潤いを保つために栄養分の多い
シャンプーをお勧めします。難点としては値段が高いこと。使う量は少なめで十分です。
多く使ったからといって効果は変わりません。

シャンプーの前にぬる目のシャワーで、湯洗いをして汚れを落としてからシャンプーを
するとシャンプーは少なくてすみます。指の腹で洗ってくださいね。

トリートメントは頭皮や髪の根元には付けないでくださいね。頭皮や髪の根元に付けても
何の効果もありません。髪の毛先から髪だけに揉みながら付けてください。洗い流す時も
軽く洗い流してください。




ドライヤーで乾かす時の注意

9b7d27288b6e5e252ec8973e07fad1cc



ドライヤーをあてる前には、必ず吸水性の良いタオルでタオルドライをシッカリして、
髪の水分を取り除いてください。この場合ゴシゴシ擦らないようにしてください。
キューティクルにダメージを与えてしまいます。

髪が濡れたままの状態でドライヤーをあてると、枝毛の原因になります。

ドライヤーは髪に近づけすぎないで、高温で大体乾いたら低温で乾かしてください。


ブラッシング

1a3dad0c17dbbeb65fbfb76404817895

長い髪の人に言える事ですが、ブラッシングは髪についた汚れや頭皮の汚れを
落としたり血行を促進する効果があります。力加減をして髪を梳いてください。
摩擦などで髪を痛めてしまう原因になります。

ブラシはナイロン製の物は使わず、動物の毛のブラシがベストです。


出来た枝毛はカットしよう

できた枝毛は元には戻りません。枝毛をそのまま放っておくと余計に裂けて
しまいます。

カットする時は、よく切れるハサミで枝分かれした部分から3~5cm
上の所を直角にカットしてください。斜めにカットするとまた枝毛に
なってしまいます。



からだの内側から健康に

栄養不足が原因

髪に良い栄養バランスを考えて食事をしてください。肉や魚や大豆食品などの
たんぱく質は髪に良いとされてます。

偏った食事は禁物です。何でも食べて、食べすぎずバランスの良い食事を
してください。タンパク質不足は枝毛の原因になります。


ストレスや睡眠不足 

ストレスや睡眠不足は、血行不良の原因となり枝毛の原因となります。

寝る前のコーヒーやスマホは止めた方がいいですね。